愛犬を突然襲う寄生虫の脅威とは

\90秒で注文完了/ネクスガードの購入はこちら

ペットの画像 愛犬家の皆さんにとって、ワンちゃんとの生活は特別なものですよね。

家族の一員であるワンちゃんとはできるだけ長く、楽しく過ごしたいと思うはずです。

しかし、ワンちゃんたちの健康を脅かす存在のことはご存知でしょうか。

それはノミ・ダニといった寄生虫です。

ノミ・ダニは屋内ならカーペットや絨毯、埃などのたまり場。屋外なら草むらなどに多く生息します。

つまり、家にいようが散歩に出かけようが関係なく、いつ寄生されてもおかしくないのです。

ノミ・ダニに寄生されると、ワンちゃんたちは以下のような症状を発症します。

 

寄生されると現れる様々な症状

ペットの画像寄生された部分から大きなかゆみに襲われます。かゆみがひどいと、ワンちゃんたちは自分の爪で掻きむしってしまいます。傷口ができると治りは遅くなりますし、別の寄生虫や細菌に侵入されたりする可能性があります。

また、激しいかゆみにより脱毛や湿疹などの症状を発症する可能性があります。

このようなノミアレルギー性皮膚炎にかかったワンちゃんはアレルギー状態になり、完治するまで長い時間を必要としてしまいます。

貧血

たくさんのノミ・ダニに寄生、吸血されてしまうと身体の小さいワンちゃんほど貧血を起こしてしまいます。普段より、元気がない様子が続いているワンちゃんは貧血になっている可能性があります。

貧血を起こしてしまうと食欲の低下や手足の冷え、疲労や結膜や歯肉が白くなるなどの症状を発症します。重度な貧血になると呼吸困難になり、臓器へ大きくダメージを与えることになります。

 

また、サナダムシが寄生しているノミ・ダニに寄生されると、ワンちゃんはサナダムシの侵入を許してしまうことになります。

サナダムシが体内に入ってしまうと、ワンちゃんは下痢・嘔吐といった症状を起こしてしまいます。

 

ノミ・ダニなどによる症状を放置してしまうと、もちろん悪化していくことになります。

身体の弱いワンちゃんは、そのまま命をと落とすような可能性もゼロではありません

 

そして、人間にも被害が及ぶ可能性があります。

ノミ・ダニに寄生されたワンちゃんとの接触により、人もかゆみや水ぶくれといった症状を起こすことがあります。

ワンちゃんだけではなく、人間への被害も考えられるノミ・ダニの対策はきちんと行っておく必要があるのです。

ワンちゃんを屋内に入れているのであれば、日頃から定期的なお掃除をしておきましょう。

カーペットや絨毯はもちろん、ソファーの下やテーブルの下、ペットの寝床などもしっかり掃除してあげましょう。

また、散歩から帰ってきてら足の裏をちゃんと拭いてあげ、砂埃などもはらってあげましょう。

これだけでノミ・ダニの対策が完全にできるわけではないですが、寄生される確率が大きく減ります。ノミ・ダニによる症状を起こさないためには、地味なことでも飼い主が気をつけてあげることが必要です。

 

ネクスガードならワンちゃんを寄生虫から守ることができます!

ペットの画像解説していきたいワンちゃん用の医薬品が「ネクスガード」というものです。

ネクスガードはワンちゃんの体内に侵入したノミ・ダニの駆除、ノミ・ダニの寄生を予防することができる医薬品となっています。

また、犬用のノミ・ダニ対策の医薬品というのは経口投与させる錠剤タイプや皮膚に直接当てて使う外用のスポイトタイプが多いと思います。

ネクスガードは経口投与させる医薬品ですが、錠剤ではなくチュアブルタイプになっています。

また、ワンちゃんが好む牛肉風味の味付けがされており、ワンちゃんはストレスを感じることなくおやつを食べているような感覚で摂取することができます。

外用薬だと暴れてうまく投与できない、錠剤タイプだと吐いてしまうようなワンちゃんでも問題なく与えることができます

この使いやすさから、世界中の愛犬家に人気となっているのです。

 

ネクスガードの購入はインターネット通販でも可能です

通販ユーザー ペット用の医薬品は一般的に動物病院で処方してもらうことが多いと思います。

しかし、ペットを連れて動物病院に行くのは飼い主はもちろん、ペットにとってもけっこうなストレスを感じることです。

飼い主は嫌がるペットを専用のバッグに入れ、動物病院につれていきます。

大型のワンちゃんだとそのまま引っ張って行くしかありません。

そして、無理やり連れてこられたワンちゃんにとって動物病院は周りすべてが敵だらけです。

知らない人間や知らない動物、知らない部屋は警戒心の強い動物にとってストレスの元でしかありません。ストレスに耐えられなくなったワンちゃんはむやみに唸ったり、吠えたりします。また、下痢や嘔吐のような目に見える症状を起こすこともあるのです。

薬をもらうためといっても、ワンちゃんにストレスは与えたくないと思います。

ネット通販はそういったストレスをワンちゃんに与えることはありません。

スマートフォンやパソコンなどで簡単に購入できるので、ワンちゃんを動物病院に連れていく必要がないのです。

飼い主も動物病院に連れていくための時間を作る必要がないので、仕事などの私生活に影響することがありません。

あまった時間でワンちゃんと遊ぶことができるでしょう。

 

そして、ネット通販の1番のメリットはその価格です。

ネット通販は動物病院で処方してもらったときよりも、ずっと安い価格で販売されているのです。

低価格販売のおかげで飼い主の経済的なダメージも大幅に少なくすることが可能なのです。

ペット用医薬品をネット通販で購入すると時間を割くことも無く、価格も安いので一石二鳥といえるのです。

この、2つの大きなメリットから今はネットでペット用医薬品を購入している飼い主も増加しています。

ワンちゃんなどのペット用の医薬品が欲しい場合はネットで購入してみましょう。

 

ネット通販で販売されているネクスガードの価格について

ネクスガードはワンちゃんの体重によって購入する商品が異なります。

それぞれどのくらいの価格になっているのか、ある販売サイトを参考に紹介していきましょう。

体重2~4キロ未満の超小型犬、子犬の場合

1箱3錠入り…約4,000円、1箱6錠入り…約6,700円、2箱6錠入り…約13,000円。

体重4~10キロ未満の小型犬の場合

1箱3錠入り…約4,200円、1箱6錠入り…約7,000円、2箱6錠入り…約13,500円。

体重10~25キロ未満の中型犬の場合

1箱3錠入り…約4,600円、1箱6錠入り…約9,000円、2箱6錠入り…約17,000円。

体重25~50キロ未満の大型犬の場合

1箱3錠入り…約5,200円、1箱6錠入り…約9,400円、2箱6錠入り…約18,000円。

 

多くの愛犬家から人気となっているネクスガードにはこのようなラインナップがあり、それぞれのワンちゃんに合わせたものを購入することができます

価格を見てもらうとお分かりだと思いますが、どのネクスガードでもまとめ買いをした方がお得になっています。

そのため、愛犬に飲ませたことがあるならまとめ買いをすることをオススメします。

まだ飲ませたことが無い場合は3錠入りのネクスガードからはじめていきましょう。

 

ペットの画像また、商品を探していくうちにいくつもの通販サイトを見ることになると思います。

たくさん通販サイトがあると、どの通販サイトで購入すればいいのか分からなくなるのではないでしょうか。

多くの方は1番価格が安い通販サイトを利用すると思います。しかし、あまり値段に差が無いようであれば、その他のサービスが充実している通販サイトを優先したほうがいいでしょう。

その他のサービスというのは送料無料やポイントの贈呈、しっかりとした正規品の取り扱いや商品数の充実などです。

また、疑問などがあっても丁寧に答えてくれる電話対応も注目してほしいサービスです。

これらのサービスが充実している通販サイトなら、多くの利用者が存在しているので信頼性も十分にあるといえます。

信頼性のある通販サイトなら、今後の継続的な利用もできるでしょう。

 

ネクスガードに含まれる有効成分、安全性について

ワンちゃんを寄生虫から守るネクスガードには「アフォキソラネル」という有効成分が含まれています。

このアフォキソラネルは多くある動物用の医薬品の中でも、イソオキサゾリン系に含まれる数少ない動物用医薬品となっています。

イソオキサゾリン系の医薬品はワンちゃんの体内に潜むノミ・ダニに対してかなり強い効果を発揮する特徴があります。

ワンちゃんに飲ませてから24時間以内で体内のノミ・ダニを100%駆除してくれます。

でも、これだけ抗菌作用が強力だと副作用とかはどうしても心配になると思います。

ネクスガードはただ強力な医薬品ではありません。しっかりと安全性もあります。

それを立証するかのように、過去にネクスガードを使用した臨床試験が行われています。

その臨床試験というのは、投与が可能になっている生後8週間以上経過しているワンちゃんを対象にした試験です。

有効成分であるアフォキソラネルを通常の5倍も含んだネクスガードを月に1回決まった日に4ヶ月連続で飲ませた後、さらに2週間の間隔で2回飲ませるというものでした。

普通に考えれば、副作用の症状が出て当たり前のような投与量といえます。しかし、この試験で重篤な副作用が発症したワンちゃんは一匹もいませんでした

軽い症状なら発症したワンちゃんがいたみたいですが、それでも全体の数%だったみたいです。

この試験からでも分かるように、ネクスガードはどのワンちゃんでも安心して投与することができる医薬品なのです。

それでも、副作用の症状が現れた場合は服用を中止して、動物病院で医師に相談するといいでしょう。

 

ネクスガードを開発したのは、実績十分なドイツの製薬会社

ペットの画像ネクスガードを開発したのはドイツに本社を置く「メリアル」といわれる製薬会社です。

その歴史も長く、設立されたのは1885年になっています。

解説しているのはペット用の医薬品になっていますが、人間用の医薬品も開発しています。

ネクスガード以外にも「メタカム」、「フロントライン」や「インゲルバック」といったペット用医薬品の中では知名度が非常に高い医薬品を開発しています

長い歴史から考えても、その実績は十分であり信頼性も抜群にあるといえます。

ペット用の医薬品メーカーなんて中々知る機会もなく、どこなら安心できるのかという気持ちがあると思います。

ネクスガードを開発しているメリアルなら、その心配もすることないでしょう。

 

ネクスガードの投与方法、投与の際の注意、副作用について

ネクスガードは牛肉風味の味がついた柔らかいチュアブルタイプの医薬品です。

そのため、砕いたりする必要がありません。

ワンちゃんにおやつを与えるときと同じように与えてください。

また、ワンちゃんの中にはエサをあまり噛まないで飲み込んでしまう子がいます。

もし、そのようなワンちゃんを飼っているのであれば少し砕いてから与えるようにしてください。

基本的には投与方法はこれだけです。非常に簡単になっているので、ワンちゃんはもちろんですが、飼い主もストレスを感じずに与えることができます。

外用薬は使用後の水浴びがしばらく不可となっていますが、ネクスガードなら投与後でも水浴びをすることが可能です。

 

好き嫌いの激しいワンちゃんはそれでも食べてくれないのでは?という心配があると思いますが、その心配もあまり必要ありません。

メリアル社が独自に行なった試験では、対象のワンちゃんのうち約9割以上が美味しそうに食べてくれたという記録があります

 

ネクスガードは犬専用のノミ・ダニ対策の医薬品です。

犬以外の動物に投与することはできません。

 

また、ネクスガードを投与することが可能なのは生後8週間以上で、体重が2キロを超える犬です。それ以下の犬には投与できません。

体重が50キロを超える犬は服用する量を体重1キロ2.5mgのアフォキソラネルを基準に量を調整する必要があります。

てんかん発作など何か持病を持った犬に投与する場合は、あらかじめ動物病院で相談することを推奨します。

 

ペット用の医薬品には犬と猫兼用できるものがありますが、ネクスガードは猫に対応していないので注意してください。

また、猫以外のウサギやカメ、ペット用のブタなどにも与えないでください。

同じようにノミ・ダニ駆除の効果が働きません。また、重篤な副作用を発症してしまう可能性もあります。

 

ネクスガードは安全性においては高い医薬品ですが、犬の体質によっては副作用が発症する可能性があります。

その症状は主に、下痢や嘔吐、皮膚の乾燥やかゆみ、食欲不振や元気消失などです。

 

ネクスガードを購入する際に見ておきたい口コミ

通販ユーザーネット通販は必要な医薬品が欲しいときに低価格で購入できますが、他にもネットならではの情報収集の方法があります。

それはネクスガードを購入した方が書き込んだ口コミをネットで探すことです。

口コミの内容はネクスガードを使ってよかったという感想だけではありません。中には、微妙だったような内容になっている口コミもたくさんあります。これは、これからネクスガードをワンちゃんに与える飼い主にとってはどちらとも非常に参考になるのです。

いい評価なら、自分のワンちゃんも同じように予防ができるというイメージを持つことができますし、微妙な評価ならワンちゃんにネクスガードを投与するときに何に注意すればいいのか分かります。

また、口コミはいろんなサイトから探すことができるというメリットもあります。

通販サイトに書き込まれているものはもちろん、ツイッターなどのSNSなども口コミの1つとして参考にすることができます。

 

では、実際どんな感じの口コミが書き込まれているのかをここで紹介していきます。

微妙な評価の口コミ

・柔らかすぎて、うちの子は丸呑みすることがあります。身体が小さいので、丸呑みは止めて欲しいです。結局、毎回ネクスガードを砕いてから与えています。効果は申し分ないのでいいんですが、毎回砕くのはちょっと面倒くさいので他の薬を検討しています。よさそうな薬があればそれを買いますが、なければ見つかるまでネクスガードを飲ませます。(ダックスフント 5歳)

 

・副作用なのか、たまに便がゆるくなっていることがあります。もうちょっと若いときは副作用なんか起きなかったのに、加齢で体質とかが変わったのかもしれないです。全く出ないときもあるので、なんとも言えないです。もし、また出ることがあったら動物病院で相談して別の薬にするかもです。合った薬を探すのは大変です。(セントバーナード 14歳)

 

・食べさせたら、便と一緒に虫の死骸らしきものが出てきました。健康になったので、いいのですが副作用がちょくちょく出てきます。身体を掻くことは無くなったので嬉しいのですが、食べた後は極端に静かになったり、食欲が無くなったりします。重い副作用は無いっぽいけど、できれば副作用ゼロのものに変えてあげたいです。(パグ 7歳)

評価の高い口コミ

 

・触った感じや見た目は犬用のエサそのものです。うちの子は身体が大きいわりには食いしん坊ではないので食べてくれるか心配でしたが、モグモグといつもどおり食べてくれました。今までは錠剤のお薬を細かく砕いてからエサに混ぜていましたが、その必要もなくなり私としてもすごく楽です。(シベリアンハスキー 6歳)

 

・今までは薬が切れると毎回動物病院で処方してもらっていましたが、仕事で時間が取れず今回ネット通販で購入しました。最初はちゃんと届けてくれるか心配でしたが、無事届きました。また、見た目やニオイも病院でもらっていたものと全く一緒でした。値段も格段に安かったので、こんなことなら最初からネットで買うべきでしたね。(ポメラニアン 4歳)

 

・外用薬だとうちの子はきれいに舐めてしまうので、このチュアブルタイプにしました。

ちょっと好き嫌いがある子なんですが、これは特に問題なく食べてくれました。

エサと勘違いしているみたいで、薬なのにおかわりを求めることもあります。美味しく楽しく薬が飲めるなんてすごいです。これからのノミ・ダニ予防はネクスガードで決まりですね。(プードル 7歳)

 

この口コミからは、軽い副作用なら発症する可能性があることが分かります。

実際に投与したことがないと、このようなこともわかりません。

口コミを確認すれば、投与したことがなくても具体的なことが分かるのです。

 

ネット通販で購入したネクスガードを投与したときのこと

ここまでネクスガードに関することを長々と解説してきました。

実は私もネット通販でネクスガードを購入したことがあり、今も愛犬に投与しているのです。

ここでは、初めて購入したときのことを紹介したいと思います。

 

私が今も可愛がっているのはポメラニアンのオスです。

ポメラニアンは毛が多い犬種であり、ノミ・ダニ以外の小虫や埃などにも気をつけていました。

また、ノミ・ダニ対策としてネクスガードを毎月食べさせていました。

当時は自宅のすぐ近くに動物病院があり、連れていくのもそこまで苦ではありませんでした。

しかしあるとき、その動物病院が移転することになったのです。

しかも、自宅からかなり遠い場所だったので楽な病院通いではなくなったのです。

薬が切れるたびに片道2時間以上かけて車を走らすのは、ものすごく面倒くさかったです。

また、仕事が忙しい時期だと病院の予約とも噛み合わず、決まった日に食べさせるのも困難になってきました。

そんなことを動物好きの友人に相談してみたところ、教えてくれたのがネット通販でネクスガードを購入可能ということでした。

友人がおすすめしてくれた通販サイトに表記されている価格は動物病院で購入するよりもずっと安く、私の財布にも優しいものでした。

私はすぐさま購入し、届くのを待ちました。すると、5日ほどで自宅にネクスガードが届きました。

最初はちゃんとした商品か正直不安でした。私は個人輸入に対する妙な偏見を持っており、あまりいいイメージを持っていなかったのです。

でも、きちんと正規品が届きこれまでどおり規則正しく与えることができました。

今では年に数回、健康診断として動物病院に連れていっています。ノミ・ダニが体内にいることは1回もありません。ネットで購入したネクスガードがしっかり予防してくれているのだと思います。

 

ネクスガードのジェネリック医薬品はネット通販で購入できる?

通販ユーザージェネリック医薬品は人間用の医薬品しかないと思っていませんか。

実は犬や猫用のジェネリック医薬品もここ何年かで増加しているのです。

 

ジェネリック医薬品は新薬を元に開発された医薬品で、その効果か有効成分、発症する可能性がある副作用も同じになっています。

このジェネリック医薬品は効果が同じことも大きな特徴ですが、注目される理由はその価格にあります。

新薬と比較すると大幅に価格が低くなっているのです。

大幅に安く販売できる理由は開発にかかるコストがまるで違うからです。

新薬は開発に10年以上かかるのですが、ジェネリック医薬品はわずか1年です。

また、その間に発生する開発費は新薬が何百億円から何千億円ですが、ジェネリック医薬品は1億円前後で十分とされています。

ここまでコストに差があるからこそ、低価格で販売することができるのです。

 

解説しているネクスガードも安く購入できるから、ジェネリック医薬品を探してほしい...!と言いたいところではありますがネクスガードはかなり新しい医薬品であり、まだジェネリック医薬品といわれるものは残念ながら存在していないのです。

しかし、ネクスガードが多くの飼い主の間で愛用されていることは間違いないので、今後ジェネリック医薬品が販売される可能性は大いにあります。

近い将来ネクスガードのジェネリック医薬品が販売されることがあれば、もっとネクスガードが身近なペット用医薬品になるでしょう。

 

安全に確実にネクスガードを購入したいとき

通販ユーザーネクスガードをネットで購入するときは、海外から輸入します。

いわゆる、個人輸入というものです。

海外から商品を輸入することもありいろいろと面倒な処理が多い個人輸入ですが、個人輸入代行サイトを活用すればそれは気にせずに商品の購入が可能です。

ネクスガードなどの医薬品を販売している通販サイトのほとんどは、この個人輸入代行サイトになっているのです。

便利な個人輸入代行サイトはサイト数も利用者も年々増加しており、今後もっと身近になる可能性があります。

とはいえ、中には質の悪いサイトもあるので注意して利用する必要があります。

安心して利用していくには、そのサイトの特徴を掴んでおく必要があります。

ここで評価の高いサイトの特徴をいくつかまとめています。ぜひ、参考にしてほしいです。

 

評価の高いサイトは主に

・情報の更新が定期的に行われている

・必ず正規品を取り扱っている

・商品到着率が常に100%である

・時間内であれば、常に問い合わせが可能である

などです。

また、質の悪いサイトはこの逆になっています。

個人輸入は問題が生じると、代行サイトを通じて利用したとしても基本的には利用者の責任になります。誤って質の悪いサイトで購入しないように注意してください。

万が一、被害に遭った場合は証拠となりそうなものを用意して消費者生活センターで相談してみましょう。

 

ネットで購入すれば、ワンちゃんとの時間も増える

ネクスガードの画像ネット通販でのペット用医薬品の購入はコストも少なく済んで、時間も気にしなくていいことずくしです。

でも、実際に利用した私が1番良かったのは自分のワンちゃんと過ごす時間を増やせたことです。

自宅から動物病院まで遠かった私にとって、薬をもらいに行くのは1日仕事になります。

せっかくの休日も全部つぶれてしまいます。しかし、ネット通販で購入し始めてからは逆に時間に余裕ができました

ワンちゃんと一緒に散歩する機会も増え、お互い健康的になりました。

動物病院が嫌いだった愛犬にストレスを与えずにノミ・ダニ対策ができるので、飼い主としては本当に嬉しいです。

私のように働いている飼い主は忙しくて、ワンちゃんと一緒に遊べないことのほうが多いと思います。

ネットでペット用医薬品を購入することが普通になれば、もっとワンちゃんと一緒に過ごすことができます

ワンちゃんのためにも、ぜひネット通販で医薬品を購入しましょう。

ネクスガードの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました